梅干しとプロティンでリバウンドしないダイエット

梅干しは、昔から日本で食べられてきた健康食材ですが、ダイエットにも効果があります。梅干しは1日2粒食べるだけで、脂肪細胞が小さくなったという実験結果があります。肥満は脂肪細胞が大きくなることで引き起こされます。梅干しに含まれるポリフェノールが、脂肪細胞が脂肪を吸収するのを防ぐと考えられています。特に女性は思春期と出産期、更年期に太りやすいので、この時期に梅干しを食べることで、ダイエットに成功しやすい体質になります。また血糖値が急上昇すると、糖が脂肪として取り込まれるため、ダイエットでは注意が必要です。梅干しに血糖値の上昇を抑制するため、ご飯などの炭水化物と一緒に食べると良いです。さらに梅干しに含まれるクエン酸は、血液をサラサラにして代謝をアップさせます。クエン酸はダイエット中に不足しやすいカルシウムなどのミネラルを体内に吸収するのをサポートします。肌荒れを防ぎながらダイエットが可能です。次に1食置き換えあるいは、食事前にプロティンを摂取することで、梅干しでは補えないタンパク質を取り込めます。プロティンがダイエットに効果を発揮するのは、筋肉を成長させて、代謝がアップすれば脂肪が効率良く燃焼されるためです。プロティンには動物性と植物性の2種類があります。運動する人は動物性プロティンが適しており、運動で高い能力を引き出します。しかし吸収されるのが早いため、運動不足で過剰摂取すると脂肪を増やすことにつながります。一般的にダイエットに用いられるのは、植物性プロティンです。筋肉は付きにくいですが、脂肪にもなりにくく、健康的な体型を目指す人に向いています。最近では多くのプロティン商品が販売されているので、原材料を確認する必要があります。