下半身太りの問題で困った場合には自転車ダイエット

下半身太りを解消するためには、自転車ダイエットを行うことがおすすめです。基本的には長距離のサイクリングをする必要がありますが、他の運動よりは長く続けやすいものです。特に有効な有酸素運動となるため、下半身にたまった脂肪を燃やして痩せることができます。

自転車ダイエットで鍛えられるのは下半身の筋肉だけと思われがちですが、実際には全身を鍛えることができます。前傾姿勢になるスポーツ自転車を利用するのが理想ですから、ダイエットのために適切な車種を選ぶことが重要です。マウンテンバイクやクロスバイクであっても、長い距離を走れば十分に痩せることができます。同時に運動能力を鍛えて、血糖値を安定させるなどの効果も得られます。健康のために実践する人も多いダイエット法であり、身近な乗り物となる自転車を使えるメリットもあります。

下半身太りに対応する自転車の乗り方で大切なのは、ペダルの回転数を増やすことです。重たいギアで漕ぐ場合には、脚の筋肉が余計に大きくなって、有効な有酸素運動にならなくなります。軽いギアに設定して、漕ぐよりもペダルを回すような感覚で走っていけば、下半身太りの原因の脂肪が減りやすくなります。

サイクリングで走るべき距離は、最低でも20kmは確保しておく必要があります。普通の人であれば、20kmの距離を1時間ほどで走ることができます。消費カロリーは平均速度や体重によって大きく変化しますが、長時間にわたって一定の速度で走ることが大切です。長距離のサイクリングロードがあれば、往復で50km以上のサイクリングを楽しむことができます。最初はダイエットの目的で始める場合でも、慣れてくれば趣味として楽しめるようになり、無意識のうちにダイエットに成功できるようにもなります。